會社情報

ご挨拶

ご挨拶

醫療の更なる発展への貢獻と、お客様の期待に応えられる
世界に冠たる醫療機器メーカーを目指して

弊社の起源は東京?本郷の地で1919年(大正8年)に醫療機器の卸販売を行う「いわしや根本栄吉商店」の創業から始まります。その後、関東大震災や第二次世界大戦の苦境を乗り越え、戦後の日本の醫療の進歩発展と共に、手術臺をはじめ、脳動脈瘤クリップ、整形外科インプラント、手術用鋼製器械などの醫療機器メーカーとしてお客様と一緒に歩んで參りました。創業から100年を経過した今日では、日本はもとよりアメリカ?アジアのグループ會社と共に、グローバルに事業を展開し、各地域ニーズに あった安心?安全なより良い醫療機器を提供し、醫療関係者の皆様方ならびに人々の 健康な生活に貢獻できるよう日々努めております。

今後は少子高齢化などによる社會構造の変化やIoT?AI?ロボットなどのテクノロジーの進化によって、醫療も大きく変わる時代を迎えています。真の企業力が試されるこのような激変の時代だからこそ、私たちミズホは、社員一同「誠実?奉仕?団結」の社是の想いを胸に、「顧客中心、イノベーション、プロフェッショナル」の企業理念に基づく行動を取り、今まで以上にお客様からの信用?信頼を得られるよう、しっかりとこの変化をチャンスに転換していきたいと思います。

弊社はこれからも「100年企業」として、感謝と誇りの念をもちながら、これからの醫療の更なる発展への貢獻と、お客様の期待にしっかり応えられる世界に冠たる醫療機器メーカーを目指して參ります。

代表取締役社長 根本 裕司

代表取締役社長 根本 裕司
代表取締役社長 根本 裕司
代表取締役社長 根本 裕司
ミズホ株式會社シンボルマーク

シンボルマークについて

2014年1月の社名変更に合わせて、グループシンボルマークの新設とミズホロゴタイプのリファインを行いました。
シンボルマークは「ミズホグループ各社が一致団結し、世界市場に躍進していく」という想いを表現しています。
また、キャッチコピーの「Medical Innovation」は、世界の醫療分野にイノベーションを起こし、醫療の発展に貢獻していく企業姿勢を表しています。